~マルナカ安藤社長に聞く!~ 食品物流の要「名駅・柳橋中央市場」が発信する食の可能性 – meieki.news

~マルナカ安藤社長に聞く!~
食品物流の要「名駅・柳橋中央市場」が発信する食の可能性

2016年11月07日
020中央市場総合食品センター株式会社
代表取締役社長 安藤東元氏名駅4丁目の柳橋市場のマルナカ食品センターは、全国でも珍しい都心一等地にある場外市場だ。安藤社長は、「食というテーマは世界共通で楽しめるもの。柳橋中央市場から発信できることはまだまだたくさんある」と、近年では、自らが案内役を務める市場見学ツアーや、多ジャンルの飲食店の誘致など一般消費者に市場の魅力を伝える活動も積極的に行っている。
今回は、そんな市場がにぎわう朝の時間におじゃまし、安藤社長のガイドで初心者でも楽しめる攻略法や、これからの柳橋市場についてお話を伺った。

「まずは、店の人に話しかけて、
要望を伝えてみて」

「まずは、店の人に話しかけて、要望を伝えてみて」

001

―とても活気のある市場ですね!どんな店があるのかご紹介いただけますでしょうか。

柳橋市場は全体で4,000坪。マルナカ食品はその中核をなす店で、900坪の中に50軒を超える店があります。その内訳は半数が水産関係、残りは野菜、果物、総菜、飲食店です。水産関係だけに特化した市場と思われがちですが、我々のビルは総合食品センターなので、花屋もあれば、お茶屋もあります。飲食業界の方が必要とされるものがすべて揃っています。また、愛知県は地産地消できる場所なので、知多半島の三河湾、伊勢湾を中心に水揚げされる魚が多く、揚がったばかりの魚がこのセンターに集まってまいります。プロの料理人の方はここにいい魚が集まるのを知っているので、それを目指してここへ買い付けに来ていただけるわけです。

002

―業者の方以外にも一般客の方も広く利用できる市場ですよね。

ここは民間の場外市場なので、もちろん一般消費者の方も大歓迎です。通常の小売店ですと、パッケージされた魚がショーケースに並べてあって、客はそれを買うか買わないかという、イエスorノーの選択しかないのですが、市場は客の要望に合わせて、廉価なものから高価なものまで多種多様な品揃えがあるため、様々な客のニーズに合わせた買い物をすることができます。

―なるほど。自分のニーズにぴったり合うものを選べるというのが強みなんですね。「買い方」のコツはどんなところにありますか。

それは、ご自身のニーズを具体的に店の人に伝えてもらうことです。市場では、相対といって、必ず販売員がいるわけですから、「いつ食べるのか」「どこで食べるのか」「誰と食べるのか」「どういう食べ方をしたいのか」「予算はいくらか」などを伝えてもらえれば、それにぴったりの品を紹介してもらうことができます。例えば、家で家族と食べるエビフライに使う車エビを探しているとするじゃないですか。その場合、加熱処理して使うものなので、必ずしも活きエビでなくてもいいわけです。活きエビであれば値段が高いのですが、そうでなければ価格が半額くらいになります。死んで間もないものであれば鮮度も落ちていませんし、さらに食感を気にしなければ、冷凍物でも大丈夫です。そうやってご自身のニーズにぴったり合ったものを店の人に出してもらうことができるのが市場での買い物の最大の魅力だと思います。そのコツさえ知っていれば、一般消費者の方にとってもここはとても魅力的なお買い物スポットです。私どもは、「市場見学ツアー」を毎週末行っているのですが、それを始めたのも「市場はお買い物が難しそう…」といったイメージを払拭したかったからです。

【市場見学ツアーでのひとこま】

008

例えば、数の子も、普通の小売店であれば、左の袋のようなきれいな黄色のものしか置いてない場合が多いが、柳橋中央市場では、右の袋のような少し黒みがかった原卵も売られている。原卵は見た目では劣るが、漂白剤や着色料に漬け込まれていないため、歯ごたえがあっておいしい。価格も抑えられるため、家庭でいただくものであれば、原卵でも十分。こういった知識を店の方に教えていただけるのも、こちらで買い物をするメリットのひとつだ。

「新しい客層を呼び込むためには、
思い切った取り組みが重要」

「新しい客層を呼び込むためには、思い切った取り組みが重要」

079

―5年前に屋上で「柳橋ビアガーデン」をオープンされて以降、場内にたくさん飲食店をオープンされていますが、そちらにはどんな意図があったのでしょうか。

この市場は一般の方も入って来ていただける場所であるのに、そういったイメージがまだまだ浸透していないなという実感がありました。僕は月一で築地市場を視察しに行っていますが、あそこは飲食店を目的に訪れる一般客が非常に多いところですよね。より多くの人を呼び込むキーワードは「飲食&市場」だなと思ったんです。そこで考えたのがビアガーデンでした。僕がはじめやりたいと言い出した時は、社内でみんなから反対されたんですよ(笑)でも、全国の市場でビアガーデンをやろうとしているのはここだけでしたし、市場と直結しているので、おいしい海鮮も食べていただくことができます。やれば絶対にたくさんの方に来ていただけるという自信がありましたので、思い切ってやってみることにしました。その結果、物珍しさにテレビ各局が取り上げてくれ、初年度は5万8千人、今でもコンスタントに年間6万人を超える方に来ていただけています。

「ヒントはいろんなところに隠れている。
色々なものやことを見聞きして、
引き出しをたくさん持とう」

「ヒントはいろんなところに隠れている。色々なものやことを見聞きして、引き出しをたくさん持とう」

058
―思い切った展開は重要ですね。

アイディアを持つだけならだれでもできるのですが、実際に行動に移さないと意味がありません。今まで柳橋中央市場に縁がなかった方に来てもらうには、何か新しい話題作りが絶対に必要なんです。僕は社員に常日ごろから、「ヒントはいろんな所に転がっているのだから、いろんなものを見聞きしに行って引き出しを多く持つように」と言っています。自分は先日京都の錦市場に行ったのですが、そこで『伊藤若冲生誕300年記念「錦市場ナイトミュージアム」』というのを見ました。錦市場は、夕方5時にはシャッターが閉まってしまうので、そのシャッターに伊藤若冲の原画を用いた特殊フィルムを貼り付け、夜間ライトアップを行うという取り組みでした。その斬新さがすごく面白いなと思ったんです。これであれば、普段市場に行かない人も行くのではないかと。錦市場はその他にも演出が上手で、マグロやタコを串刺しにして食べ歩きしやすいように売っていたり、お兄さんがグレープフルーツの中にミキサーの羽のようなものを入れて、その場で中身をジュースに変えて売っていたり…。そういう些細なことからヒントを得て、じゃあ名古屋にある自分の市場で展開するときには何ができるだろうと考えると、やりたいことが見えてくるものだと思っています。

083

市場の東側出入口に各店の看板が並べてあるんですが、これは築地に行ったときに、千社札がずらっと貼ってあるのを見ていいなと思ったんです。同じでは面白くないので、名古屋には、御園座の歌舞伎俳優の家紋や名前が書かれた入屋根看板(「まねき」と呼ばれる板)を掲げる「まねき上げ」というのがあるでしょう、それをヒントに、うちでは入屋根看板に屋号と業種を書いて掲げてみました。今では、柳橋市場を象徴する外観のひとつになっています。

「名古屋駅から5分という
立地にある市場は、全国でもここだけ」

「名古屋駅から5分という立地にある市場は、全国でもここだけ」

078

―そういった意気込みで、面白い飲食店なども次々に場内にオープンされているのですね。

3年前には、市場の目の前に、柳橋市場のネタで握る江戸前寿司「柳橋きたろう」をオープンさせました。2年前にはその2号店「柳橋きたろう場内」もできました。これも築地にヒントがあって、築地にはあまり人が行かないような倉庫みたいな場所を進んでいくと、知る人ぞ知る寿司店があったりするんです。食通がちょっと自慢したくなって口コミで広まるような店です。そんな店を目指したのが、「柳橋きたろう場内」です。あとは、今年オープンしたばかりの「かつ丼と珈琲 聖」もおすすめです。半熟の薄焼き卵にカツをのせ、甘辛いタレをかける、とじない、煮ないかつ丼は、毎朝開店直後から注文が入る人気のメニューとなっています。

「あっと人を驚かせるような
手土産を探すのも面白い」

「あっと人を驚かせるような手土産を探すのも面白い」

047

―新幹線も通る名古屋駅から徒歩約5分という立地条件。さらにたくさんの人を呼びこめそうですよね。

新幹線もある中央ターミナル駅である名古屋駅から徒歩わずか5分というのは、とてもポテンシャルの高い立地だと思っています。東京から関西方面に向かうとき、途中下車してもらってもいいですし、名古屋の方が新幹線に乗る前にここに寄って手土産を探してもらってもいいと思うんです。ビジネスシーンでも、プライベートで友達の家におじゃまするときでも手土産は大事な役割を果たすと思うのですが、いつも同じようなものばかりになってしまって困っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。そんな時に当市場を利用してもらうといいですよ。3,000円くらいで、大きな金目鯛の一夜干しや、高級シャインマスカット、高級フルーツトマトなどがあります。デパートですと何万円とするようなものかもしれませんが、こちらでは卸売り価格で販売されているのでお得に買っていただけます。夏になると、枝付きの枝豆を木箱に入れたものを市場っぽく演出してもっていってあげても喜ばれると思います。今後はギフト展開にも力を入れて行くのも戦略の一つだと考えています。

『食』は国境を越えて相互理解を深められる。
関係を豊かにしてくれるコミュニケーションツール

『食』は国境を越えて相互理解を深められる。関係を豊かにしてくれるコミュニケーションツール

010

―本日も海外からのお客様が来ていらっしゃいましたが、日本のみならず世界に向けていろいろ発信できそうですね。

食って不思議で、どこの国に住んでいようが、どんな貧富の差があろうが、「美味しいもの」について考えると皆同じようにわくわくするんです。食は国境を越えたコミュニケーションツールの一つであるとともに、人間関係を豊かにしてくれるコミュニケーションツールであると思っています。そういう意味では東海の美味しいものが集まってくる当市場は、そういったことを見据えた展開ができる場所ではないかと思っています。本日も海外からのお客さんがいらっしゃっていましたし、最近は、中国、香港、台湾などから観光に訪れるお客様が増えましたね。今はSNSでみなさんがすぐに拡散してくれるので、1人の海外の観光客の方が写真をアップしてくれると、その写真を見て「これを食べさせて!」とやってくる方もいたりしますよ。店にも中国語表記を増やしたり、試食をたくさん用意したりするようになりました。

035

―東海の食材が集まる場所。「食」というキーワードはいろんな切り口がありそうですね。

食材って本当に奥が深いんです。私はかつて23年間、地元テレビ局の情報番組に出演していましたが、そんな長い年月やっていても、常に提供する情報にマンネリ化がありませんでした。食材って面白くって、奥が深いですし、10人のディレクターがいたら十人十色の切り口があるんです。昨日何を食べたかって話でも盛り上がるし、好きな食べ物の話でも盛り上がる。また、友人同士集まって、今度どこかの店でおいしいもの食べる会をやろう、どこの店がいいかな、と考えるだけでも話題は尽きないですよね。

そういった意味で柳橋市場は、“食の巨大テーマパーク”に化ける可能性を秘めた場所だと思っています。市場なので朝10時までしかやっていないのですが、それも考えようで、忙しいビジネスマンは、ランチやディナーにはゆっくりと会食時間が取れない方も多いじゃないですか。そんな時、「柳橋市場で朝食食べながら話しませんか?」という使い方もしていただけると思うんです。いろんな使い方があって、幅広いニーズに対応できる場所であるということをもっと発信していけたらいいなと考えています。

034
086
中央市場総合食品センター株式会社
〒450-0002
名古屋市中村区名駅四丁目15番2号

地図を見る

052-581-8111
http://www.marunaka-center.co.jp/

コメント

投稿する

mnポイントとは投稿するたびに10ポイント付与いたします。 800文字以上の投稿は100ポイント付与いたします。(投稿の10ポイントを含みます。) 貯まったポイントはAmazonギフト券のみの交換可能となります。 ポイントはいつでも交換申請できます。但しAmazonギフト券がメールで届くのは申請翌月の月末となります。 ポイントは「mnポイント交換申請」から交換申請手続きを行ってください。

  • enicia
sumabo
sumabo
enicia
利用規約

この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,Betops inc. meieki.news(以下,「当社」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録されるユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)
本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用登録)
登録希望者が当社の定める方法によって利用登録を申請し,当社がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。
当社は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)未成年者,成年被後見人,被保佐人または被補助人のいずれかであり,法定代理人,後見人,保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(4)反社会的勢力等(暴力団,暴力団員,右翼団体,反社会的勢力,その他これに準ずる者を意味します。)である,または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持,運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
(5)その他,当社が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)
ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。
ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。当社は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

第4条(禁止事項)
ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
(4)当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)他のユーザーに成りすます行為
(7)当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)当社,本サービスの他の利用者または第三者の知的財産権,肖像権,プライバシー,名誉その他の権利または利益を侵害する行為
(9)過度に暴力的な表現,露骨な性的表現,人種,国籍,信条,性別,社会的身分,門地等による差別につながる表現,自殺,自傷行為,薬物乱用を誘引または助長する表現,その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を,投稿または送信する行為
(10)営業,宣伝,広告,勧誘,その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。),性行為やわいせつな行為を目的とする行為,面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為,他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為,その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
(11)宗教活動または宗教団体への勧誘行為
(12)その他,当社が不適切と判断する行為

第5条(本サービスの提供の停止等)
当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第6条(著作権)
ユーザーは,自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか,または必要な権利者の許諾を得た文章,画像や映像等の情報のみ,本サービスを利用し,投稿または編集することができるものとします。
ユーザーが本サービスを利用して投稿または編集した文章,画像,映像等の著作権については,当該ユーザーその他既存の権利者に留保されるものとします。ただし,当社は,本サービスを利用して投稿または編集された文章,画像,映像等を利用できるものとし,ユーザーは,この利用に関して,著作者人格権を行使しないものとします。
前項本文の定めるものを除き,本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報についての著作権およびその他知的財産権はすべて当社または当社にその利用を許諾した権利者に帰属し,ユーザーは無断で複製,譲渡,貸与,翻訳,改変,転載,公衆送信(送信可能化を含みます。),伝送,配布,出版,営業使用等をしてはならないものとします。

第7条(利用制限および登録抹消)
当社は,以下の場合には,事前の通知なく,投稿データを削除し,ユーザーに対して本サービスの全部もしくは一部の利用を制限しまたはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)破産,民事再生,会社更生または特別清算の手続開始決定等の申立がなされたとき
(4)1年間以上本サービスの利用がない場合
(5)当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
(6)第2条第2項各号に該当する場合
(7)その他,当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
前項各号のいずれかに該当した場合,ユーザーは,当然に当社に対する一切の債務について期限の利益を失い,その時点において負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければなりません。
当社は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第8条(保証の否認および免責事項)
当社は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
当社は,本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし,本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合,この免責規定は適用されません。
前項ただし書に定める場合であっても,当社は,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し,または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償はも,一切の責任を負いません。
当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第9条(サービス内容の変更等)
当社は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第10条(利用規約の変更)
当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第11条(通知または連絡)
ユーザーと当社との間の通知または連絡は,当社の定める方法によって行うものとします。

第12条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第13条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

以上

×